募集要項 / エントリー

3つの柔軟な就業スタイルで
安定雇用を目指しています。

1ワーク重視型

2ワークライフバランス型

3ライフ重視型

ライフスタイルに合わせて働き方を選択できる「選択型人事制度」

「ワーク重視型」、「ワークライフバランス型」、「ライフ重視型」の3つの働き方を選択できます。ライフスタイルの変化に応じて変更が可能です。給与体系・求められる責任の範囲が違います。

1ワーク重視型

「ワーク重視型」は会社の経営に関わっていく管理職を目指す働き方です。
残業もあり、就業時間は長め。
結果を求めて仕事に没頭したいという働き方です。ワーク重視型に変更するには審査があります。

2ワークライフバランス型

「ワークライフバランス型」は仕事とプライベートのバランスを重視した働き方。
残業は時期により多少ありますが、休みはしっかり週2日。ワーク重視に変更する前に一定期間は経験する働き方です。

3ライフ重視型

「ライフ重視型」は一切残業をしないプライベート重視の働き方です。
育児や家族の事情などを優先して決められた時間のみの就業でオフを大切にします。ワークライフバランス型への変更も可能です。

ライフイベントに合わせて、何度でも変更可能です。

例えば、新卒で入社した時は「ワークライフバランス型」でスタート、その後経験を積んで管理職を目指して「ワーク重視型」に変更。
年頃になり結婚というイベントを迎えた段階で、ワークライフバランス型に変えて家庭と仕事の両立。妊娠・出産を機にライフ重視型に変更して家庭を守る。子どもに手がかからなくなり、再びワークライフバランス型に変更して、家計を助けて、勘が戻った所でワーク重視型に変更して管理職を目指すという働き方も可能です。

2012年入社
Yさんの場合

入社1年目

ワークライフ
バランス型

2012年4月にスウェット.jp近畿大学前店に入社。デザイン作業を中心にオペレーションに従事。

→

入社2年目

ワーク重視型

関西地区の管理職目指して「ワーク重視型」に変更。
仕事で遅くなる日もあり。

→

入社3年目

ライフ重視型

2014年に結婚。
新婚生活を満喫するために「ライフ重視型」に変更。
残業無しで夕食を作る日々。

→

入社4年目

産休取得

結婚1年で妊娠。
出産予定日の2ヶ月前まで仕事に従事して、産休を取得。

→

 

ライフ重視型

出産後、6ヶ月で職場復帰予定。「ライフ重視型」で17時に保育園に迎えに行く生活に変更予定。

アドフローの「公平性」

アドフローでは「公平性」を大切にしています。
人の話をしっかり聞き、いい意見は積極的に取り入れます。
経営陣は月ごとに作成される「月次決算書」を社員に公開して問題点について話し合います。
風通しのいい企業風土が、能力のある人を抜擢する環境を作っています。

募集要項